Top>溶接補強とシール

立体駐車場腐食部分の溶接補強

多くの立体駐車場は屋外にあります。

紫外線と雨などにより腐食してさびが発生して、それが進行すると穴が空いてやがてはボロボロになります。

腐食してボロボロ

さび

これもさび

さびでボロボロ

軽い穴はシール材やコーキングで穴の補修は可能ですが、強度的に問題がある穴は、溶接して補強しなければなりません。

溶接で修理

溶接で修理している

溶接

いうまでもありませんが車は重いです。

安全のためにも、大きな腐食の場合は、無理に塗装だけでふたをするような作業にはせずに、特に重さの掛かる梁を鉄板やアングル材などの鉄鋼材を使って、溶接補強をします。

大きな腐食は溶接補強

無理に塗装だけにせず、溶接

アングル材などの鉄鋼材を使って

溶接補強

溶接によってガッチリ補強しても、細かい穴が埋まるわけではありません。

溶接にはそのような防水作用はないですから、補強をした後は雨水を床から下に流さないように、シール材などで穴をふさぐ作業も必要になります。

穴をふさがなくても、はじめの強度は同じですが、穴(鉄板の断面)からまたさびが発生して、やがて穴が大きくなって、強度的な問題に発展してしまう可能性が高くなるといえるでしょう。